プリウスの上司

プリウスの進化

職場の上司が新型のプリウスに乗って出勤しました!前も2世代ほど前のプリウスでしたが、走行距離がかなりいったらしく、ついに乗り換えたとのことでした。

 

 

初代のプリウスはもろにセダンという形でしたし、フォルムものっぺりしていてそこまでかっこいいわけではなく、ハイブリット車の先駆けと言うくらいでしたが、今回のプリウスはかなりデザインが洗練されましたね。一見スポーツカーのようなスタイリッシュなデザインですし、前後のランプの形もシャープで今までのプリウスとはかなり語りが変わってきました。

 

 

デザインもそうですが、やはり最大の特徴はその燃費ですよね。あくまでもカタログ上での燃費ではありますが、リッター40kmはとんでもないですね。一番燃費効率がよい条件で走行した場合の燃費ではありますが、昔はリッター20kmもいけばすごいといわれていたのに、最近は30kmを超える車が増えてきましたね。

 

 

 

そんな中プリウスは40kmなので、他の車種とは一線を画しましたね。乗り心地も前のプリウスとは雲泥の差らしく、サスペンションもかなり改良されているようです。

 

 

 

私は最近車を変えたばかりなので、すぐに乗り換えることは不可能ですが、いつかはプリウスに乗りたいと思っています。昔のようにスポーツカーやSUVなどの車は人気が少しずつ落ちてきているようですね。

 

 

 

昔は燃費なんて意識せず、そのデザインのみで購入する人が多かった物の、今では車を購入する人のほとんどが最初に気にするのは燃費だそうです。今の車は故障することも少なく長く乗れるため、長く乗っていくならやはり燃費は重要ですよね。

 

 

 

リッター10kmを下回るような車は売れにくくなっているのが現状だそうです。大型の車でもハイブリット車が出てきていますし、燃費が良くなければどれだけデザインが良くても多くの人が購入するまでには至らないそうです。

 

 

私も購入するときはやはり燃費が重要だと思っています。通勤で車を使用するため、燃費が良いほど特をするので、今乗っている車も燃費がかなり良い方です。

 

 

とはいってもリッター21kmくらいが限界なので、次に乗り換えるときはリッター30kmのような車に変えたい物です。